美文字の書き方と簡単にできる美文字のコツ

意識するだけで、その場で自分の字がきれいになる!

簡単にできる美文字の書き方とコツをまとめました。

練習をして美文字を目指すことは、美文字への一歩ですが、
今すぐ綺麗な文字を書きたい人には、こちらの即できる美文字の
コツをぜひトライしてみて欲しいと思います。

Sponsored Link

 

正しいペンの持ち方:

美文字の正しいペンの持ち方

 

親指と人差し指でペンを握り、中指をサポートさせる感じで、
バランスを整えて3本の指の間にペンを握ります。

 

ペンを握る力加減は、3本の指全体にバランス良く力を
かける感じがベストです。

 

力を入れすぎるのはアウト、軽くにぎる感じでOKです。

 

 

ペンを持つ手は机から浮かさずに、小指下の手の側面を
しっかり机に密着させることで、文字のバランスを綺麗にとれます。

 

まちがった位置にまちがった力がかかっていると、上手くかける人
でも上手に文字のバランスを取る事ができなくなります。

 

正しい持ち方をすることは、美文字をかくには欠かせないのです!

Sponsored Link

正しい姿勢:

美文字の姿勢

 

背筋を伸ばしてしっかり椅子にこしかける

 

脚を組んだり、つま先だけを床につけたりせず、両足を床につけて座る

 

 

手首から小指下の手の側面を、机に添えることもお忘れなく。

文字のバランスを取るのに重要です!

 

 

 

美文字を書くコツ:

・正しい書き順で書く

・時間をかけて、文字の線1本1本を丁寧に書く
(綺麗な文字を意識するだけで、綺麗な字になります)

・漢字とひらがなのバランスを取る
(漢字の方を若干大きめに書くのがコツ)

・お手本をみる
(綺麗に書かれた文字のお手本を脳に焼き付けながら書く)

・間隔のバランス
(文字と文字の間隔を均等にとる)

・文字のバランス
(例えば、目という漢字の横線を平行に書く)

 

 

簡単にできる美文字を書くコツは、こんな感じです。
美文字練習帳などを購入して、本格的に練習をすれば
綺麗な文字を書けるようになるでしょう。

 

しかし、上にあげた簡単なコツを意識するだけでも、通常の自分の字を
相当美文字化することは可能ですので、まずは無料でできるものから、
挑戦してみるのがいいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す